IT企業のプログラマーの研修内容について


IT企業のプログラマーの研修内容について

よく求人情報に「育成期間あり」「研修あり」と書いてありますが、実際にはどのような内容で研修が進められているのでしょうか?研修内容について説明していきたいと思います。

スポンサードリンク

研修は独学と同じ

研修とは、ある一定期間の間に業務上必要とされる知識や技能を習得することです。会社によって研修スタイルは異なりますが、一般的には研修カリキュラムに沿って技術習得します。教えてもらうというより、カリキュラムに沿って独学していくようなイメージです。中には研修カリキュラムもなく、口頭で「●●作って」と言われるだけの研修もあるようです。

スポンサードリンク

研修中に意識してほしいこと

もし、研修で分からないことが発生した場合、あなたならどのような行動をしますか?先輩や上司に聞きますか?それとも自分で調べて解決しますか?
当然、研修中なので質問することは問題ありませんが、質問の仕方を意識してもらいたいです。
あなたが研修中でも、ほかの人たちはそれぞれの業務を遂行しています。
あなたが質問するたび、時間を割かれて業務に遅れがでます。
できるだけ教えて貰う人に負担をかけないように「質問内容をまとめる」「どこまで調べたのか?」ぐらいはしましょう。
調べる努力をして分からないのであれば、時間を割いてもおしくはありません。
一番嫌われてしまうことは、自分が楽したい為に調べもせずに聞くことです。
研修期間中は働かなくても、給与がもらえて技術習得できることに感謝しましょう。

スポンサードリンク

検索能力をつけて欲しい

検索能力が高ければ、インターネット上からより解決法を探すことができるので自己解決しやすくなります。プログラミングスキルも習得して欲しいですが、情報は常に変化するので、新鮮で正確な情報を検索できる能力を身につけてください。