ITプログラマーに向いている人の特徴

ITプログラマーに向いている人の特徴

  • ・勉強するより、とりあえずコードを書いてみる人
  • ・人に頼らずに自分で解決したい人
  • ・楽することに努力を惜しまない人
  • ・コミュニケーション能力が長けている人
  • ・常にワクワクすることを追い求めている人
  • ・すぐに行動できる人
スポンサードリンク

プログラマーに向いていない人の特徴

  • ・サイト制作するより資格の勉強する人
  • ・分からなくなったら、すぐ周りに聞く人
  • ・同じ単純作業を繰り返すのが好きな人
  • ・いいたいことを言うことが苦手
  • ・安定現状維持志向

スポンサードリンク

とりあえずやってみる

資格取得しようとする人よりも、ネットで情報を集めてサイト作成をする人の方がプログラマーとして向いています。資格は、ほとんどが教養のようなものなので、取得する時間があるならサイト作成をしたほうが良いです。英語の上達方法と同じで、机の上で勉強するよりもまず試してみることが重要です。

スポンサードリンク

自己解決能力を意識する

すぐ人に頼る人よりも、悩んで自己解決しようとしている人のほうがプログラマーとして向いています。すぐ頼る人は、楽をして情報を手に入れることが癖になり、教えてもらったことをすぐ忘れてしまいます。悩んで自己解決する人は、苦労した分、同じことを繰り返さないように必死で覚えます。また、自分で調べることにより検索能力が向上し問題解決能力が向上します。

スポンサードリンク

意外かもしれないコミュニケーション能力

プログラマーはひたすらコードを書いているイメージですが、コミュニケーションが非常に重要な職業です。プログラミングした機能をプログラマーではない人に分かりやすく説明することや、開発者同士のコードレビュー、工数や機能の実現性の相談、不具合時の説明など様々な場面でコミュニケーション能力が必要となります。コミュニケーションがうまくいかないと、意見の食い違いで余計な工数が増えたりトラブルにつながります。

常に新しいものを追い求める

プログラマーの世界は、常に情報は進化し続けているので常に新しい情報を追い求める必要があります。新しい情報を手に入れることにより、効率化やユーザビリティ向上などサイト成長につながります。

すぐに行動できる

プログラマーは、常に新しいものを追い求めていく必要があります。
すぐに新しいものにチャレンジできる人は、プログラマーとして上達しやすいです。
「未経験で不安」「技術力がないから」と自分で言い訳して就職を先送りにすればするほど、
就職できにくくなります。まずは、未経験募集しているところに数多く応募する行動力が必要です。