プログラマーでIT転職して得するひと・損するひと

プログラマーでIT転職して得するひと

・リーダー以上の経験がある
・今現在、会社の中心的な役割をしている
・ほかのシステム会社に比べて給与が少ない気がする
・ほかのプログラマーより技術力がある

リーダー以上の経験がある

IT転職するときに前職の役職は非常に役立ちます。
年齢が30歳以上の場合は、IT転職に求められることが即戦力かつ指導力です。
会社を辞める前に、役職になれるチャンスがあれば進んで買って出ましょう。
IT転職するときに、良い企業に就職できるチャンスがあります。

今現在、会社の中心的な役割をしている

もしあなたが、現在いる会社にいなくなっては本当に困る会社ならば
あなたをひきとめるはずです。形式的にひきとめるひともいますが…

「あなただけにしかできないものがある」これはすごく大切なことです。

もし給与に満足していなくてIT転職しようとしている場合、1度会社に掛け合ってみるのも方法です。
もし、あなたが絶対に必要ならば給与面や待遇を考慮してくれるはずです。

プログラマーにあるあるですが、こちらから切り出さないと給与面の大幅アップは期待できません。
じぶんがしていることをまとめて交渉するのも手です。

ほかのシステム会社に比べて給与が少ない気がする

プログラマーとして同じ能力があったとしても、会社によって給与は変わってきます。
楽な仕事で高給どりの会社もあれば、忙しくて残業ばかりなのに底給与のこともあります。
そんなときは、1度、求人サイトを見てみるものよいです。
在職中に軽い気持ちで受けてみてIT転職するのもありだと思います。
在職中のほうが気持ちのゆとりがあるので落ち着いて調べることができます。

ほかのプログラマーより技術力がある

スキルが高いにもかかわらず、気づかずに底給与で働いているひとは多く存在します。
そういう方々はほんとうにもったいないなと思っています。

ブログ・カンファレンス・成果物で自分の技術力を発信することができれば高収入の企業に就職することができます。
中には自分で情報を発信して会社を立ち上げるひともいます。技術力をひたすら磨いていくのもよいですが、
生活を豊かにするためにも自分の実力を情報発信することが大切です。

プログラマーの社会は人脈が大切です。
ふとしたきっかけで、大きな仕事をもらったり、忙しいときに仕事を手伝ってもらえることもあるので
より多くのプログラマーのつながりをもっておいたほうが得です。

スポンサードリンク

プログラマーでIT転職して損するひと

・向上心がない
・技術がないのに文句をいう
・自分がいなくても会社に影響がない
・コミュニケーション能力が低い

向上心がない

プログラマーは常に勉強しなければいけない世界です。
向上心がないひとは取り残されます。IT転職すればするほど年収が下がるパターンです。

技術がないのに文句をいう

自分に技術力があると勘違いして不満をいうひとです。
評価は自分できめるものではなく相手からされます。

「自分には技術がある!」「認められていない!」と勘違いして辞めるのは愚の骨頂でとても危険です。
あなたのスキルは求人サイトの応募資格をちゃんと満たされていますか?

スポンサードリンク

プログラマーがIT転職するタイミング

もっとも必要とされている状態でやめるのが1番良いです。
脂がのっている時期にやめる。そして、あたらしいスタートを切る。
これを何度か繰り返していくとスキルと年収が大幅に上がっていきます。