【プログラマー転職】面接確認ポイント「仕事の時にスーツ着用は義務付けられていますか」

プログラマーが面接時に確認するポイント

このはなしにとても共感できます。私が求人募集で確認するポイントは服装です。求人募集の写真が全員スーツだったら応募すらしないでしょう。

スポンサードリンク

なぜプログラマーのスーツ着用義務の会社はやめておいたほうがよいのか?

顧客対応を求められる

自社内開発であれば常にスーツ着用ということはほとんどありえません。スーツを着用する理由は顧客対応があるかないかです。つまり、プログラミング以外の仕事を任される可能性があるため純粋にプログラミングだけしていたい人にはおすすめできません。

会社の立場が弱い

常にスーツ着用しなければならないような顧客との関係性が垣間見えます。外注でも私服OKな会社もありますがお互いの立場が対等なケースが多いです。自社の立場が弱い場合はスーツになるケースが多いのです。

古い考えの方が多い

仕事=スーツの考えの方が多い。もしくはそう思っている人が会社の実権を握っているため開発するにしてもかなり苦労することが予測されます。プログラマーは常に最新の情報をとりいれて先に進むものなので古い考え方が優先されるとどんどん取り残されていきます。

お硬い仕事と接点がある

金融関係はスーツが当たり前なので金融系の外注先で働くのであればほぼスーツになります。金融系でも自社内開発の場合で規模が大きなところは私服が多いです。