プログラマー35年定年説について

プログラマー35年定年説

巷でよく噂されているプログラマー35年定年説。プログラマーを目指す方々にとっては気になるところ。
「一生懸命働いても、35歳でクビになるんじゃ・・・」と思う方もいるかもしれません。
結論としては、半分本当で半分嘘です。どうして、35歳が定年の理由になったかいくつか説があります。

スポンサードリンク

老化

IT技術は日々進化し続けてプログラマーは最新の技術を習得するために日々の努力が必要です。
プログラミングするためには柔軟な発想が必要です。35歳ぐらいになると頭がついていかなくなる
ので35歳には会社から去るという説。

スポンサードリンク

独立

大卒が新卒でプログラマーの世界に入った場合、仕事をし続ければ10年以上のプログラマー経験を積んでいることになります。
10年以上のプログラミングスキルがあれば、「もっと大きな仕事をしたい」と思う方も少なからずいます、
技術力を元に起業するひとやフリーランスになる説。

スポンサードリンク

昇進

プログラマーとして活躍して35歳ぐらいになると、今までの知識を活かしてマネージメントする立場を進められるひとが多いので
自ずとプログラマーをする機会が減りプログラマーとしては定年を迎えるという説。

スポンサードリンク

IT転職

ほかのプログラミング言語や他の技術力を習得したい。
ある分野のプログラミング技術をマスターして、更なる高みを目指すためにIT転職する説。

私の経験

35歳以上になると頭がついていかなくなることも少なくはないですが、
技術力があれば関係ありません。私が知っている限りでも60代で現役で
とても素晴らしい技術を持って活躍しているひとがいます。
また、技術力があるひとは独立するのも珍しくないです。
35歳といわずに1~3年働いて独立するひとたちを見てきました。
日本社会の年功序列で30歳を超えると役職にエスカレート方式でなってしまい、
プログラマーから足を洗うひとも本当です。

35年定年説の結論

本人の意思と技術力次第で定年にも生涯現役にもなれる。
「プログラマー35年定年説は気にするな」
「生涯現役を目指すならば、日々の努力を怠らずに情報を追い求めて学べ」
定年になるのもならないのもあなた次第です。